読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は本当に未来のことを予知できますか?

結実する果物は成功とラッキを表します。新鮮な果物の夢は大吉夢です。青空を自由に飛ぶ小鳥を夢見ると、新たな恋の始まりを暗示します。火事の夢は、あなたの情熱、欲望、願望などの激しい感情を象徴する夢だと言われました。

人々は寝るとき、いつも夢を見ます。周りの人を見ました。悪魔を見ました。雨を見ました。年をとった自分を見ました。夢の内容がいろいろあります。夢はきっと何かを象徴するという考えは古代から上記の言ったように存在しています。夢に対する占いもいろいろあります。例えば、東洋には周公解夢全書や神霊感応夢判断秘蔵書(伝、安倍晴明著)が有名です。でも、夢は本当に未来を予告しますか。人々は夢に対する理解は科学の発展に伴い、どう変わりますか。

確かに、科学の発展にしたがって、夢に対する解釈が成熟してきました。夢占いはだんだん娯楽の一部分になりました。特に若者にとって、夢はただ夢だと思う人が大部分です。

しかし、確かに存在しているものとして、夢は一体何を象徴しますか。

心理学には夢を分析しました。人が体験する夢を顕在夢と呼びます。それは無意識的に抑圧された子供のごろからの願いと関係している昼間の体験の残滓からなる夢の潜在思考が加工され歪曲されて夢の方式で現れたものだと言われました。現在では夢分析も改良され、広く現代人の実情を考えて、分析することが多いです。自分で自分の夢分析をするためのガイドブックや事典なども出版されており、何がしらの自己分析、自己発見の役に立つことも多いです。

神経学には「夢というのは、主としてレム睡眠の時に出現するとされ、睡眠中は感覚遮断に近い状態でありながら、大脳皮質や(記憶に関係のある)辺縁系の活動水準が覚醒時にほぼ近い水準にあるために、外的あるいは内的な刺激と関連する興奮によって脳の記憶貯蔵庫から過去の記憶映像が再生されつつ、記憶映像に合致する夢のストーリーをつくってゆく」と考えられます。

夢と知覚の関係には、夢は確かに体の現象を一部分知覚します。例えば夢は尿意を反映しやすいです。排泄の夢を見て目が覚めると、膀胱が限界に近かったという事例は非常に多いです。夢では知覚だけではなく、聴覚、触覚、味覚、嗅覚においても何らかの刺激を感じるといった報告もあります。

とにかく、夢はただ人の意識の一つです。人々の将来実現させたい願望と希望を表しますが将来実現できるかどうか全然暗示しません。夢は未来の運命などが予知できません。ただ普通の生理現象だと思われます。